『がらんどうの庭』石井則仁・07.25-08.01

『がらんどうの庭』石井則仁
空間美術展&舞踏公演
2021.07/25-08/01

舞踏家であり、演出振付・舞台美術にも携わりつつ、在籍する山海塾とソロ活動で縦横無尽に活躍する石井則仁。
彼自身による空間美術。
そして毎夜異なるアーティストを迎えてのコラボレーション舞踏公演。

枯れても美しい華々
ただただそこに在る余白の庭
今この瞬間、自分だけの時間を生きよう

 

2017年松本での展示公演から始まった「がらんどうの庭」
今年はgallery shell102からスタートし、4都市5会場で開催します。

主催 : Deviate.co & 石井則仁事務局

共催 : gallery shell102

[美術展示]7.25 (sun) – 8.1(sat) 11 : 00 ~ 17 : 00
 観覧:500円
*7/28(wed)はWS 開催の為、観覧はできません。

展示コラボレーション:
小野梨花・スズキ ヤスヒロ・たぶんひも・福村由美子

[舞踏公演]6月14日(mon)から予約開始(要予約)

◉舞踏公演
「がらんどうの庭」
死体が転がっている
そこから生まれてくる物語はどう繋がるのか
毎日同じ振り付けをする中、共演者が変わることで観客の見る世界が観客毎に変わる新しいシステムの公演作品。
石井則仁が紡ぎ出す死への希求をご覧ください。
出演:石井則仁 & Collaboration Artist
<Collaboration Artist>
7/25 (sun):山崎 円城(音楽)
7/26 (mon):原 知恵子(墨画家)
7/27 (tue):辻 祐(太鼓奏者)
7/30 (fri):スズキ ヤスヒロ(Lost in Translation)
7/31 (sat):Darie(作曲家、シンガーソングライター、パフォーマー)
8/1 (sun)HIKO(ドラム)

18:45 開場 19:00 開演
観覧:初回 3,000円 2回目以降 1,000円
*公演終了後、コラボレーションアーティストと石井則仁によるトークイベントがあります。
予約mail: yoyaku@shell102.com

*Collaboration Artistプロフィールなど

リクリエイション公演「がらんどうの庭」
2017年から石井則仁が長野・スペイン・京都・北海道で
踊り続けた独舞「がらんどうの庭」が群舞作品になって生まれ変わる。
出演:加藤存美・アベミ・natsuki・川端優典
監修:石井則仁
*アフタートーク「石井則仁 × ヴィヴィアン佐藤」
ゲスト:ヴィヴィアン佐藤

7/28 (wed)  18:45 開場 19:00 開演
観覧:初回 3,000円 2回目以降 1,000円
予約mail: yoyaku@shell102.com

*リクリエイション出演者プロフィール

オムニバス公演
「がらんどうの庭」の生と死、そしてその時間経過というコンセプトを基にダンサー達が作品を創作。監修には石井則仁が携わり、様々なカラーの作品を発表致します。
出演:加藤存美・アベミ・五十嵐香里
監修:石井則仁

7/29 (thu)  18:45 開場 19:00 開演
観覧:3,000円
*石井則仁によるアフタートークがあります。
予約mail: yoyaku@shell102.com

*オムニバス出演者プロフィール

注)公演観覧の予約について
ご予約の際は、公演日と公演名、お名前、人数、電話番号(連絡取りやすい番号)をご記入の上、メールにてお申込みください。
メールでの申し込みが困難な場合は0422-29-8900までご連絡ください。
*観覧料は当日会場にて精算となります。
*できる限り当日キャンセルは無いよう、ご協力お願いいたします。


[ワークショップ]6月14日(sat)から予約開始(要予約)
◉ヴィヴィアン佐藤「がらんどうの庭×ヘッドドレス」
様々な分野で活躍するヴィヴィアン佐藤が「がらんどうの庭」とコラボレーションワークショップを開催!!
ヴィヴィアン佐藤はどう生と死を紡ぎ出すのか。

7月28日(wed)10:30 開始 16:00 終了
参加料 10,000円
参加人数 10名まで
予約mail: yoyaku@shell102.com
*ご予約の際は、お名前、人数、電話番号(連絡取りやすい番号)をご記入の上、お申込みください。
*参加料は当日会場にて精算となります。
*WSのキャンセルの場合はキャンセル料が発生いたします。
キャンセルポリシー: 2日前まで無料・前日50%・当日100%をいただきます。

死に向かって進んで⾏く⽣花たち。天から咲き、溶液に浸かり、⽻となり、様々な形で死してなお美しくあり続ける花々。

花のみで構成された圧巻かつ壮⼤なインスタレーション。そして⽣と死を扱い受け取る側によって美しくも醜くもなる舞踏公演。

世界で活躍し、踊り⼿として⼈間の⼼理に働きかける⽯井則仁の初の空間美術作品が、ここ吉祥寺に出現する。

「古来より死は私たちの隣にいた⾝近な存在。⽣あるものはいつか死に、それが他のものに影響を与え、また新たな⽣が⽣まる。

⼈も花のように他に影響を与え続けることはできる。死を感じることで、”⽣きること”に実感が持てる。」

本展/公演は、⽣と死、そしてその時間経過をテーマにした空間そのものが作品として提⽰されています。

時間の経過により変化していく花の姿には、⽣あるものが朽ちていく儚さとともに、

最後まで咲き誇ろうとする⼒強さを感じることができます。

⽣命の朽ちていく過程にも美は存在し、その先にある「残骸=がらんどう」からは、無⾔の存在⼒を感じていただく機会とします。

⾃⾝の第六感を感じに来てください。


 

 

掲載のお知らせ

お知らせ☆
先日発売になった「吉祥寺Walker 2021」にgallery shell102をご紹介していただきました。
うれし!
見かけたら手に取りご覧くださいませ。吉祥寺情報満載の保存版です。
ジブリの隣に載っているのが、マタウレシ。
shell102はただいま片付け整理中。(あともう少しだー。)

6月は週末中心に作品を展示&飲み物も用意します。
片付け終了次第お知らせします!

7月25日からの「がらんどうの庭」石井則仁 空間美術展&舞踏公演も準備中です。

「森のむこう」Kazuya Isayama個展 5/1 – 5

<gallery shell102 企画展>
Kazuya Isayama個展
「森のむこう」
2021年5月1日(土)〜5日(水・祝)
12:00〜19:00

「森のむこう側は、どんな処でしょうか。
また、その境には何が在りますか。
今回私は、その結界の象徴として、キノコをモチーフとしてみました。
まだ見ぬ風景に想いを馳せて、ひと齧りしてみてください。
さて、貴方の向こう側に広がるのは…… 」

約20年ぶりに作品制作を再開した作者が選んだモチーフはキノコ。
作者は向こう側との結界の象徴と位置づけました。
また、次世代のために何をすべきかという「自画像的」な意味合いもあります。森は見る人がそれぞれ感じて貰えたらと思います。
「ある時短期間に出現して胞子を撒いて朽ちていく」
キノコは母体が地中や倒木などに張り巡らした菌糸です。
ある時短期間キノコが出現して、
胞子を撒いて朽ちていく。
作者曰く自分も親になりイメージを重ね合わせていく。・・そんな感じか。
木彫を中心としたキノコの作品を展示いたします。
ぜひご高覧ください。

展示の様子はこちらから
https://note.com/shell102/m/m6b425ffba26c

*2020年11月の展示の様子
https://note.com/shell102/n/ncaa4a59d255f?magazine_key=mc9723fca8a93

諫山一也

1962 兵庫県神戸市生まれ
1985 武蔵野美術大学工芸工業デザイン科卒業
1990年代中頃より個展・グループ展等で発表
2020 約20年ぶりに作品制作を再開

「森のむこう」

「ある時 短期間に出現して胞子を撒いて朽ちていく」

キノコは母体が地中や倒木などに張り巡らした菌糸です。

ある時 短期間キノコが出現して、

胞子を撒いて朽ちていく。

「森のむこう側は、どんな処でしょうか。
貴方の向こう側に広がるのは…」

向こう側との結界の象徴と位置づけたキノコ

目で心で齧っていただきたい。

木彫を中心としたキノコの作品を展示いたします。

https://shell102.com/2021/04/03/
Kazuya Isayama個展「森のむこう」
202151日(土)~5日(水・祝)
12001900

「walking on MOONLIT ROAD」

切り絵作家・海野まり子個展「walking on MOONLIT ROAD」
4月24日(土)〜29日(木・祝)11:30〜19:00

海野まり子さんの切り絵作品、優しい作品です。
会場で見ていただけると嬉しいのですが、
会場に来られない方にもお届けしなければ!

夏秋文尚さん写真作品と音楽!
トラペ座の音楽は会場で演奏も!

目を離さずにご注目くださいませ
https://shell102.com/2021/04/03/

トラぺ座がやってくる!
https://shell102.com/2021/04/

海野まり子個展「walking on MOONLIT ROAD」4/24〜29

<gallery shell102 協力展>
切り絵作家 海野まり子個展
「walking on MOONLIT ROAD」
2021年4月24日(土)〜29日(木・祝)
11:30〜19:00

『気づけばいつも、画の中に月があった』
月と海と落語を愛する切り絵作家のデビュー当時から最新作まで。
ふんわり仄明るいその作品世界を、スペシャルな音楽をバックにお楽しみください。

ちょうど1年前に開催を予定していた
切り絵作家 海野まり子の個展です。
2018年にgallery shell102で開催した「9月の海はクラゲの海」展において
サエキけんぞう賞を受賞!
今回は新作、そしてデビュー30周年にあたりこれまでの作品を展示いたします。
会場限定領布作品(エディションナンバー・稀少音源付き)あり。

夏秋文尚氏とトラぺ座にお願いし、個展会場で流すためのオリジナル楽曲を書き下ろしていただきました。
展示会場だけでお聴きいただける特別な音楽と、海野作品のコラボレーションをお楽しみください。

ゲスト:夏秋 文尚 / 写真出展・音楽提供
*本展覧会で、ゲスト作家として写真作品を出展。
*会場で流すオリジナル音源を制作いただきました。
こちらの音源は海野まり子の切り絵作品の一部とセットでお求めいただくことができます。
・・・
音楽家。ジャック達、こまっちゃクレズマ、moonridersのドラマーを務める他、サポートミュージシャン、レコーディング・マスタリングエンジニアとして多くの音楽シーンで活躍。
・・・
ゲスト:トラぺ座 / ライブ・音楽提供
<トラぺ座・ライブ>
4月25日(日)14:30~ライブを開催します。
https://shell102.com/2021/04/18/

入場は自由
投げ銭をお願いします!
当日19時から配信あります。(アーカイブあり)
投げ銭配信チケット販売
https://shell102.stores.jp/

*会場で流すオリジナル音源を制作いただきました。
こちらもお楽しみください!
・・・
多田葉子 Cl. Sax. / 大野慎矢 Acc. Gajda. Vo. / 菅原雄大 Vc.
東欧、バルカン半島、黒海沿岸、コーカサス地方の民謡・舞踊曲や、歌謡曲、映画音楽や、それらをオマージュした創作曲をレパートリーとしている。人生の喜怒哀楽を音の盃で飲み干す幻想楽団。2017年1stアルバム「TRAPEZA」、2020年2ndアルバム「灯地下」をリリース(録音エンジニア/いずれも夏秋文尚)
・・・

[海野まり子プロフィール]
主に切り絵で作品を制作。
東京出身・在住。
2011年12月ムーンライダーズトリビュート展参加、2013年2月あがた森魚トリビュート展参加。2019年gallery shell 102主催「9月の海はクラゲの海」展にてサエキけんぞう賞受賞。
主な作品≫
絵本
「ふしぎな三人兄弟」(1991年 リブロポート 文:さいとう陽子)
「カゲノ・クラヤーミ氏の月光手品」(1997年 トムズボックス)
「あるひ天の川で」(1998年 トムズボックス)

カルタ
「落語でカルタ 切り絵だよ」
2014年・2020年 製造:()奥野かるた店)

 

『トラぺ座 がやってくる!』5月5日まで配信

海野まり子個展「walking on MOONLIT ROAD」(4/24~29)展示会場に
トラぺ座がやってきます。
4月25日 14時30分から  配信は19時から

昼下がりのギャラリー
東ヨーロッパ~コーカサスの狂騒と悲哀を吟遊詩人の如く
奏でるトラぺ座

shell102で昼下がりの演奏の様子を配信いたします。
誰でも自由にご覧いただけます。
音は風に乗り、みなさんの宴のテーブルへ。

どうぞトラぺ座の演奏をご覧ください!



配信映像は無料でご覧いただけます。
よろしければ投げ銭もよろしくお願いします!
https://shell102.stores.jp/

<トラぺ座>
多田葉子 Cl. Sax. / 大野慎矢 Acc. Gajda. Vo. / 菅原雄大 Vc.
東欧、バルカン半島、黒海沿岸、コーカサス地方の民謡・舞踊曲や、歌謡曲、映画音楽や、それらをオマージュした創作曲をレパートリーとしている。人生の喜怒哀楽を音の盃で飲み干す幻想楽団。2017年1stアルバム「TRAPEZA」、2020年2ndアルバム「灯地下」をリリース(録音エンジニア/いずれも夏秋文尚)

映像はyoutubeサイトでお楽しみいただくこともできます。

録画・録音:GOK SOUND
配信:gallery shell102

切り絵作家 海野まり子個展 「walking on MOONLIT ROAD」
https://shell102.com/2021/04/03/
2021年4月24日(土)〜29日(木・祝) 11:30〜19:00
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-29-10 エクセル井の頭102gallery shell102

「月をノミマショウ🌙vol.51」4/18

「月をノミマショウ🌙vol.51」

2021年 418 Sun.

5ヶ月ぶりの月をノミマショウ。
51個目の作品です。

今回はgallery shell102で開催となります。
初めて長い間、眠っていた月ノミ。
月が咲く,この瞬間,
はじまり,
ほんとはもっと前からはじまっていたような,

とても大切なひとつとなることと思います。
各回15席限定となります。

『四月の装丁

   Canary in the coal mine

唄を忘れたカナリヤが描いた儚い夢のまた夢。

形を選ばず、思いのままに 

どんな私でも好きでいてくれますか 

誰かの心に引っ掻き傷を記したい

日常の中の非日常

月に一度訪れる異空間時間。

一風変わった世界観の中で過ごして頂けるお時間を今月も心を込めてお送り致します。

【出演】藤光浪 / 史椛穂

1st open  14:00
1st  14:30

2st open  15:40
2nd 16:00

3st open  17:10
3rd  17:30

close  19:00

*上演時間は50分。
*各回15席限定となります。
*各回の
入場時間をご確認ください。

✴️チケット  2500yen(1drink付き)
✴️次のshowもご覧になる方は+1000yen

https://www.instagram.com/p/CMV4TvGglNK/?igshid=dm4hmaut0lsl