『徳永雅之展 The Scene of Light』2019年11月9日〜23日

『徳永雅之展 The Scene of Light』
会期:2019年11月9日(土)〜 23日(土)
11:30〜19:00 (水曜休廊)
(初日は15時から 最終日は17時まで)
◎11月9日(土) オープニングパーティ 16時〜
Cian Cianin mini live あり 16:30頃から

1960 長崎県佐世保市生まれ
1985 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
1987 東京芸術大学大学院美術研究科(修士課程)壁画専攻修了

徳永雅之ウェブサイト https://www.tokunagamasayuki.com/

10・11月の予定

11月9日から23日までの会期で、「徳永雅之 個展」を予定しております。
詳しくはまたお知らせいたします。
また、10月の予定はただいま調整中です。こちらも決まり次第お知らせいたします。
どうぞよろしくお願い致します。

終了!「9月の海はクラゲの海 ・everything is nothing」展覧会

9月の海はクラゲの海~everything is nothing~」展覧会無事に終了いたしました。
お越し頂きました皆さま、
出展していただきました皆さま、
コメントを寄せていただきました皆さま、
岡田徹さん、サエキけんぞうさん、CTO.LABさん、
本当にありがとうございました。
9月が終わり、10月です。
10月はたそがれの月。
少々たそがれてまた次へ。

*各賞受賞者は後日アップいたします。

「9月の海はクラゲの海〜everything is nothing〜」展覧会作品

9月の海はクラゲの海~everything is nothing~」展覧会 作品紹介
(準備中)

—————————————————————————————————————————–

YOUCHAN
『全能でボンクラな僕』
[何もかもわかっている気になっていたのに何ひとつわかっていなかった、1986年の夏を想い出して描きました。(YOUCHAN)]

サエキけんぞうさんの言葉に
「・・今でもくぐもるブルーの海をガラス細工のクラゲのように照らしてくれるのは、岡田徹さんとムーンライダーズでなくしては・・」とあります。
きっと『くぐもるブルーの海』ってこんな感じなのかと思ったり。そして「everything is nothing」の浮遊感。

31.8×44.0センチ(アクリル板入り 額装サイズ)
15,000


真舘嘉浩
『my jelly amour』
[アクリルでドリル印刷(と命名)、ひと穴入魂です。
レーザー使えば簡単に綺麗にできるのだけど、ドットのブレこそNEW WAVE。(真舘嘉浩)]

ひと穴づつドリルで開ける穴だからできる揺らぎは、そのまま揺らぐ影となり、ライトの角度、見る人の角度、作品の角度で何層もの泡のような影を作り出す。永遠に消えることのない息遣いのような泡。
正面から見ると気づかないかもしれないけれど、斜めから見ると水中を泳ぐ女性の足が浮き出るのです・・my jelly amour。
砂浜を走っているようにも、空を舞っているようにも。

49.0×55.0センチ(アクリル板・木枠)
69,000

————————————————————————————————————————–

『9月の海はクラゲの海』イベント

「9月の海はクラゲの海〜everything is nothing〜」展覧会特別イベント
9月23日16時から shell102 にて
岡田徹・サエキけんぞう・CTO.LAB
トークとミニライブ
最高に楽しい時間でした!
参加いただいた皆様ありがとうございました!
参加できなかった皆様お待ちどうさまでした!
楽しさを噛みしめて☆
*通行人もびっくり!
*皆さまタグ付けおねがい致します!
岡田徹さん サエキけんぞうさん イマイケンタロウさん polymoogさん ありがとうござました!

展覧会は続きます!29日まで〜

「9月の海はクラゲの海 ・everything is nothing」展覧会 9/19〜9/29

1986年(昭和61年)ムーンライダーズのアルバム「DONʼT TRUST OVER THIRTY」の2曲目に収録された「9月の海はクラゲの海」
(作詞/サエキけんぞう 作曲/岡田徹)。様々なミュージシャンにリスペクトされてきた、まさに色褪せない名曲です。
「9月の海はクラゲの海」テーマにした公募作品と招待作家による作品の展覧会です。
公募作品はサエキけんぞう氏・岡田徹氏審査委員による審査と表彰。会期中にはイベントとしてトークショーやミニライブも予定しています。
[出展作家]
ひな、福本花江、アルチュール千田、アキタマリ、中丸大輔、
よしか、永野 俊也、高階 麻実、えはたゆうた、ヤマグチレイコ、
桜井 貴、ヨシダシンヤ、菅 ナオコ、村山裕美 、なみもり、
上雪 湊、Aketa Mino、HAHAHANO.LABO、
高橋眞理子、YOUCHAN、山下以登、赤刎千久子、梅村昇史
[招待作家]
眼福ユウコ、真舘嘉浩、市川晋二、武内秀光、
吉﨑達夫 feat.川田知希、荒井理恵、
テノリエリ、つつみ あまね、ようなぴ、
さべあ のま、矢吹申彦(敬称略、順不同)

9月の海はクラゲの海~everything is nothing~」展覧会 作品紹介

会期:2019年9月19日(木)~29日(日)
open11:30 close19:00 (最終日は18時まで)
・休廊日は24(火)25(水)
・23日はイベント開催のため観覧はできません。
・レセプションパーティ 9月19日(木)18時~

9月23日(月・祝)イベント
岡田徹・サエキけんぞう・CTO LABによるトーク&ミニライブ
start/16:00(open/15:30)
予約 ¥3000+1dr 先着30名様限定
予約はinfo@shell102.comまで(mail予約のみ受付)
イベントページをご覧ください。

 

予約開始!<岡田徹・サエキけんぞう・CTO LAB トーク&ミニライブ>

<岡田徹・サエキけんぞう・CTO LAB トーク&ミニライブ>

9月の海はクラゲの海~everything is nothing~」展覧会919日~29日)特別イベント
ムーンライダーズ・岡田徹、パール兄弟・サエキけんぞう、そしてCTO LAB(岡田徹・イマイケンタロウ・poiymoog)を迎え、トークとミニライブイベントを開催いたします。
名曲「9月の海はクラゲの海」が生まれた話、生まれた頃の話、「9月の海はクラゲの海」CTO LAB. feat. サエキけんぞう」などなど・・お楽しみください。

ギャラリー会場でのイベントのため、先着30名さま限定!となります。
よろしくお願い致します。

会場:gallery shell102
2019923日(月・祝)
開場:1530分 開演:16
予約:3000円(+dr

【予約方法】
◎gallery shell102メール予約のみ(先着受信順に整理番号配布)
予約受付開始:819日(月) 19時~
メール: info@shell102.com

*お名前、枚数、電話番号をご明記ください。
*メールタイトルは「予約「9月の海はクラゲの海」イベント」と明記ください。

gallery shell102
https://shell102.com

9月の海はクラゲの海 twitter  @9nokurage
https://twitter.com/9nokurage

コミケ96へ行ってきたの巻

コミケ96へ行ってきたの巻

9月の展覧会「9月の海はクラゲの海」で多大なるお力添えをいただいている、

サエキ本舗で出している #サエキけんぞう さんと、#CTOLAB で出しているムーンライダーズ #岡田徹 さん・イマイさん・polymoogさんのブースへ行ってきました。

『「9月の海はクラゲの海」CTO LAB.feat.サエキけんぞう』岡田さんが販売している姿に感激😭

パール兄弟「歩きラブ」#しりあがり寿 さんTシャツ購入

みなさんに会えてよかったです(感涙)

ご挨拶して写真も撮らせてもらって、ほんと来れてよかった😊
9月の海はクラゲの海

ところで初コミケ(^-^)/

コミケ参戦は覚悟が必要!などと聞いていたのですが、笑っちゃうくらいスムーズにたどり着きました。

館内はエアコン効いているし、快適じゃん!

それにしてもすごい数の出店。ボランティアの数もすごくて、みんなコミケを楽しみにしているんだなとこれまた涙。

通路に出たら向こうに海が見えて、気がつけば今年初めての海で、入道雲と青い空が目にしみてこれまた涙。

帰り道はコスプレ撮影会を見ていたら迷子になったけれどそのくらいはね。

駅までの帰り道では、売店の美味しそうな香りと暑さと人混みの匂いとでマラケシュのフナ広場に私は迷い込んだのです。