4/23-26<しろねこ家の蚤の市>

「時間(とき)のかけら」と「暮らしに活きる古道具」展
国立を拠点にアンティーク・骨董を扱う「しろねこ家」がshell102で骨董市を開きます。
和洋問わず集められたアンティーク・骨董
過ぎゆく時からほろほろとこぼれ落ちたかのような、アンティークの数々。
ノスタルジックで少し変わった古いモノ
物語のなかで見たような道具たち。
ときめくモノが並ぶ「しろねこ家の蚤の市」ぜひお越しください。

<しろねこ家の蚤の市>
「時間(とき)のかけら」と 「暮らしに活きる古道具」展
2024年4月23日(火)〜26日(金)
11時〜19時 OPEN

会期中はshell102の骨董品、作品も販売いたします。
写真家・蓮井幹生さん焙煎の”hasu cafe”のコーヒーもご賞味いただけます。