『徳永雅之展 The Scene of Light』2019年11月9日〜23日

『徳永雅之展 The Scene of Light』
会期:2019年11月9日(土)〜 23日(土)
11:30〜19:00 (水曜休廊)
(初日は15時から 最終日は17時まで)
◎11月9日(土) オープニングパーティ 16時〜
Cian Cianin mini live あり 16:30頃から

徳永雅之のペインティングとドローイングの新作を中心に展示します。
<ペインティングについて>
光をまとった視界のようなもの、それを眺めているように描いています。具体的なイメージを介在させないこと、とりわけエアブラシという道具を使うということは重力や触覚的な抵抗感を消していくことでもあり、それはある意味記憶の中で再生される映像のようなものに似ていることに気づきます。私は明瞭な形が溶け、光だけが認識されたような画面にぶら下がっている現実との接点にこだわっているように思います。

<ドローイングについて>
線描の作品は私の中に内在する、ペインティングとは別の感覚を瞬発力を持って引き出すプロジェクトです。ペインティングの作品には存在しない線描というものを様々なアプローチで追求しようというもので、10年ほど前から続けています。二年ほど前に、通常は線描を目的には使われることのないエアブラシを使ってみたら思いがけない効果とインスピレーションをもたらすことがわかりました。それ以来エアブラシによるドローイングを試みています。短時間の中、紙と手先と脳の中で拮抗するスピード感に満ちた制作は、ペインティングとはまさに対極にあるものですが、不思議とその2つを行き来する時に違和感は全く無いのです。

ペインティングと同じ空間に展示すると別の作家との二人展のように思われるかもしれませんが、これらは作家である私のネガとポジ、雄型と女型を展示していると思っていただければ幸いです。(徳永雅之)

1960 長崎県佐世保市生まれ
1985 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
1987 東京芸術大学大学院美術研究科(修士課程)壁画専攻修了徳永雅之ウェブサイト https://www.tokunagamasayuki.com/

face bookイベントページ

ブログリンク
「西安とshell」

「Tayutau」

「クサカベのアキーラのコバルトライトブルー」

「ドローイングと音楽」

「もうひとつドローイングのこと」

 

「9月の海はクラゲの海 ・everything is nothing」展覧会 9/19〜9/29

1986年(昭和61年)ムーンライダーズのアルバム「DONʼT TRUST OVER THIRTY」の2曲目に収録された「9月の海はクラゲの海」
(作詞/サエキけんぞう 作曲/岡田徹)。様々なミュージシャンにリスペクトされてきた、まさに色褪せない名曲です。
「9月の海はクラゲの海」テーマにした公募作品と招待作家による作品の展覧会です。
公募作品はサエキけんぞう氏・岡田徹氏審査委員による審査と表彰。会期中にはイベントとしてトークショーやミニライブも予定しています。
[出展作家]
ひな、福本花江、アルチュール千田、アキタマリ、中丸大輔、
よしか、永野 俊也、高階 麻実、えはたゆうた、ヤマグチレイコ、
桜井 貴、ヨシダシンヤ、菅 ナオコ、村山裕美 、なみもり、
上雪 湊、Aketa Mino、HAHAHANO.LABO、
高橋眞理子、YOUCHAN、山下以登、赤刎千久子、梅村昇史
[招待作家]
眼福ユウコ、真舘嘉浩、市川晋二、武内秀光、
吉﨑達夫 feat.川田知希、荒井理恵、
テノリエリ、つつみ あまね、ようなぴ、
さべあ のま、矢吹申彦(敬称略、順不同)

9月の海はクラゲの海~everything is nothing~」展覧会 作品紹介

会期:2019年9月19日(木)~29日(日)
open11:30 close19:00 (最終日は18時まで)
・休廊日は24(火)25(水)
・23日はイベント開催のため観覧はできません。
・レセプションパーティ 9月19日(木)18時~

9月23日(月・祝)イベント
岡田徹・サエキけんぞう・CTO LABによるトーク&ミニライブ
start/16:00(open/15:30)
予約 ¥3000+1dr 先着30名様限定
予約はinfo@shell102.comまで(mail予約のみ受付)
イベントページをご覧ください。

 

「9月の海はクラゲの海」展覧会 開催!

「9月の海はクラゲの海~everything is nothing~」
  2019年9月19日(木)〜29日(日)

 

1986年(昭和61年)ムーンライダーズのアルバム「DONʼT TRUST OVER THIRTY」の2曲目に収録された「9月の海はクラゲの海」
作詞/サエキけんぞう 作曲/岡田徹。
いつまでも色褪せることのない名曲。
あの頃、僕らの海をフィルムみたいに泳いでいたクラゲは、
いまでも透明にかがやき僕らの海を泳いでる。
あなたの「9月の海はクラゲの海」を作品にしてください。
展覧会では「9月の海はクラゲの海」をテーマにした作品を募集・展示します。

『イントロでキックの無限ゲートエコー(ヘンな言い方だけど当時はそういわれた)とチェロの絡みが決まったとき、そして「キミのこといつもみつめてて キミのこと何もみていない」と歌われたとき、“この曲いただき!きっと代表曲になる”と直感した日。その日から34年、今また「9月の海はクラゲの海」展が催されるなんて素敵すぎます。だってクラゲなんて少し前までは世界中の嫌われモンだったんだから。
moon riders 岡田 徹』

『青春の悩みの深海、真っ只中にいた僕が、その想いの中、海中の全てを照らすサーチライトを求めて書いたサエキの詞の最高作です。 今でもくぐもるブルーの海をガラス細工のクラゲのように照らしてくれるのは、岡田徹さんとムーンライダーズでなくしては作れない、ドッシリと新しく可愛い曲とサウンドのおかげです。 ファジーで愛らしいクラゲこそ、悩ましい青春の真の姿と考えてます。 全ての若者に参加してほしい展覧会です! サエキけんぞう』

[ イベント ]
9月23日(月・祝)
◎トークショー:岡田徹&サエキけんぞう
◎ミニライブ(岡田徹/サエキけんぞう/CTO-LAB )
*詳細は後日発表!

[ 展示 ]
「9月の海はクラゲの海」をテーマにした
平面(イラスト、写真)、立体、テクスト、映像、音楽 作品の公募展示です。
☆公募作品の中から大賞を決定。審査委員は岡田徹さんとサエキけんぞうさん。
・各審査委員賞/展覧会特別グッズ贈呈
・大賞/展覧会特別グッズ贈呈 + 個展開催権
・受賞者は展覧会イベントにご招待

☆まずは、公募のためのエントリーを!

[ 公募内容と方法 ]
あなたの「9月の海はクラゲの海」を作品にしてください。
・作品形態は問いません。
平面(イラスト、写真)、立体、テクスト、映像、音楽、どの分野でも。
・大きさはA2サイズ(420×594×150)以内。※立体は事前にご相談下さい。
・作品は会期中に販売いたします。販売をご希望でない方はお知らせください。
・オリジナル作品に限ります。
・第三者の権利(著作権、肖像権など)を侵害する作品は応募できません。
・展示作品は販売いたします。販売を希望でない方はお知らせください。

1.エントリー(8月中旬まで)
エントリー(申込みは)はどなたでも参加できます。
お申し込み多数の場合は、各カテゴリに分けた中から、参加者を決めさせていただきます。
・氏名(作家名と本名)
ユニットで参加の場合は、代表者を決め、全員の名前をお書きください。
・郵便番号・住所
・電話
・メールアドレス
・サイト/ブログURL(ある方)
・自己アピールなど
・代表的な作品の画像、データの添付
以上の内容を
info@shell102.comまで送ってください。

2.エントリーメールから出展者を決定し、追って詳細をご連絡いたします。
参加される方は、参加費5000円(DM,展示諸経費)をご負担ください。
支払い方法は出展決定後にお知らせします。

3.搬入は912、13日、搬出は930 予定
作品についてのご質問や相談は、メールにてお問い合わせください。
info@shell102.com   

 

 

7/6~21『Dream Journey 』~ズントクとドボチョンの夢日記Tシャツ~

Dream Journey」~ズントクとドボチョンの夢日記Tシャツ~
会期:201976日(土)~21日(日)(火・水曜は休業)
11301900
*最終日は17時まで・ワインと焼酎でクロージング!
<作家在廊予定>
ドボチョンこと宮原清
*7/21(日)16時〜
ズントクこと徳永雅之
*7/20(土)18:30
*7/21(日)15時〜

 

ズントクこと徳永雅之・ドボチョンこと宮原清
ふたりTシャツ展です。
何年もの間、ズントクとドボチョンはそれぞれのブログで夢絵日記を発表してきました。

今回はこの膨大な夢絵日記の中から
それぞれ8点、合計16点をTシャツにプリントして展示・販売いたします。夢の一瞬を描いた絵は、おかしく、怖く、切なく、
ちょっとハードボイルドで
条理も不条理も超えたシュールな夢時間物語
人の夢なのに、私たちも夢の余韻に浸ります。
Tシャツを着て街へゴー! Dream Journey
shell102だけの二人の夢日記Tシャツ。
今年の夏はこれで決まり!ね(^^)

☆プロフィールはこちら

<Tシャツはサイトからもご予約受け付けます。>
ご希望の方はメール info@shell102.comまでご連絡ください。

*シャツの色は選ぶことができます。インクの色はそのまま。
シルク印刷は全色、インクジェット印刷は一部の色となります。
色リストは最後に添付されています。

*サイズはS ・M ・L・ XL 男女共通です。
1枚 ¥3500 + 消費税。送料 ¥190
2枚以上は送料無料。

<Tシャツ一覧>
揺らめき川/ドボチョン(シルク印刷/写真はシルバーグレイ・黒)

アンディ/ズントク(シルク印刷/写真は黒・ゴールド)

無能山/ドボチョン(シルク印刷/写真は白・黒)

これがすべてだ/ズントク(シルク印刷/写真は白・グレー)

尾根/ドボチョン(インクジェット印刷/写真は白・黒)

カレー/ズントク(シルク印刷/写真はデニム・ローズピンク)

パン/ドボチョン(シルク印刷/写真は白・黒)

黒毛腕時計/ズントク(シルク印刷/写真はオートミール・黒)

市民プール/ドボチョン(インクジェット印刷/写真はオートミール)

荒野の銭湯/ズントク(シルク印刷/写真は白・グレー)

遅刻/ドボチョン(インクジェット印刷/写真は白)

ジョージ・ベンソン/ズントク(インクジェット印刷/写真はオートミール)

屋上の風呂/ドボチョン(インクジェット印刷/写真は白)

時代劇/ズントク(インクジェット印刷/写真はベビーピンク)

4本のスルメ/ドボチョン(シルク印刷/写真は黒・白)

ドアの下の老婆/ズントク(シルク印刷/写真はオートミール)

シルク印刷Tシャツカラー一覧(インクの色はそのままです)

 

 

 

『SLIT展』幾何学というアート

かたちをつくるしくみをつくる・小林敦

2月21日(thu)~28日(thu)

フリーペーパー「paraEdit」創刊連動企画


詳しくは
exhibitionのページで!
SLIT」は玩具のみならず、アートでもあり、同時に空間の概念モデルでもあります。
玩具・アート・建築という側面から「つくること」・・かたちをつくるしくみをつくる・・をさぐる展覧会です。
FACE BOOKイベントページでも
https://www.facebook.com/events/553197188510759/

『ヴィヴィアン佐藤 ヘッドドレスワークショップ』

2月3日(sun)

11時~14
子供(中学生以下) 3000
大人 5000円
詳しくはfacebookイベントページで!
https://www.facebook.com/events/663362450764800/

子供向けと謳っていますが、大人参加大歓迎。
ヴィヴィさんが丁寧にレクチャー&お手伝いしてくれます。(ほんと優しいのです、ヴィヴィさん)
11ー14時の3時間
ヴィヴィアンさんのヘッドドレスワークショップは
大人向けではいろんな形で多種多様な場所で開いています。
子供向けでは、去年は港区主催でこのヘッドドレスワークショップやっています。

また、青森の七戸の町おこしのプロジェクトのひとつとして子供DQ化プロジェクトというものもやっていて、その辺の話も興味深いです。
お席のご用意ございます。
お時間ありましたらぜひお越しください。
当日は簡単な飲食
コーヒー、スープ、サンドイッチなど販売しています。
ぜひご利用ください

「小池博史と仲間たち展」

― 夜と言葉と世界の果てへの旅 ― 出版記念イベント

1月18日(金)〜24日(木)

表題作の出版を記念しての展示とトークイベント

会場にはパパ・タラフマラや小池博史ブリッジプロジェクトの舞台、宣伝に使われた葛西薫・ヤノベケンジ・鈴木康広・トラフ建築設計事務所・浜井弘治らが手がけた美術作品やポスターや衣装を展示。

2019年1月18日(金)~1月24日(木)
Open 12:00 / Close 19:00 (イベント開催の日は21時まで)
詳しくはexhibitionで!
face bookイベントのページもチェックしてくださいね!
【 Event 】
◎1月18日(金) Start 19:00
小池博史×Darie TALK SHOW
Darie SONG LIVE
¥2000+1drink
1月19日(土) start 18:00
小池博史×鈴木康広 TALK SHOW
¥2000+1drink
◎1月22日(火) start 19:00
小池博史による舞台裏話
¥1000+1drink
イベントの予約は
お申込みフォーム: https://ws.formzu.net/dist/S46104710/
Tel: 03-3385-2066(株式会社サイ 担当:ミエ)
Tel: 0422-29-8900(gallery shell 102留守番電話に入れてください!)
info@shell102.com (こちらのメールでも受付中)
*当日受付けいたします。
(当日でも一報いただけると助かります!)