『Life side with art・七月』shell102 マーケット/7/23-26


『Life side with art・七月』
gallery shell102 マーケット
2020年
7月23日(木・祝)〜  7月26日(日)
12:00〜19:30

夏の入口で夏を思う。
2020年の夏の過ごし方の考察。
服も飾りも纏う物を見つける嬉しさよ。
食するものを思ふ時の至福の創造性よ。
少しづつ、少しづつ、時間を見つける。

gallery shell102 MARKETは
<Life side with art>をテーマにしたマーケットです。
7月は涼しい夏の装いと、食の装いを並べています。

西も東も北も南も昔も未来も
性はもちろん文化も文明も
ボーダレスな往来を夢見るマーケット。

□ [オリジナル風呂敷] 寅の助
□ [益子焼・結晶釉] 陶房kazumitaco.三田和実
□[ベネチアンガラスクラフト] sorella
Wishing Particles :::希望粒子::: にのみやなつこ
硝子帯留め むらかみゆーこ
アパレル sui

会場構成]  naoko nomura

[オリジナル風呂敷]
寅の助
新しい風呂敷の使い方を提案しいます。
オリジナルのハンドル(持ち手)とインバッグ(内袋)を使い、風呂敷または四角い布で簡単に布のバッグを作ることができます。
古来からの風呂敷の使い方はもちろんですが、テーブルクロスやお部屋の演出のタペストリーなどにもお使いいただけます。寅の助のオリジナル風呂敷を是非お楽しみください。
https://www.toranosuke3.jp/

[益子焼・結晶釉]
陶房kazumitaco.三田和実(陶芸家

1980年代アジアから中東、ヨーロッパ、アメリカ、数十カ国を巡り、1992年より栃木県益子へ移住し作陶生活に入る。
現在、結晶釉、油滴天目を中心に制作しています。
オリジナルの結晶釉の器は、釉薬の中に結晶を混ぜ焼き上げたもので、その結晶の文様は西洋でもなく東洋でもないエキゾチックな雰囲気を醸し出します。また油滴天目の技法も三田さんならではの作品となります。
https://mashiko-db.net/artists/619

 

[ベネチアンガラスクラフト]
sorella
「千通りの花模様がある」という語源のベネチアのガラス「ミルフィオリ」。その色彩の豊かさと愛らしい佇まいにインスピレーションを感じて制作。唯一無二のソレッラミルフィオリアートが完成します。ソレッラとはイタリア語で「姉妹」。女性に心地よく寄り添えるブランドでいたいという思いをこめています。
https://www.glass-sorella.com/

[Wishing Particles :::希望粒子:::]
にのみやなつこ(
llustration&embroidery

物質の最少単位である素粒子が希望を抱いて自由に存在を広げていく様子を刺繍で表現したシリーズです。
ブローチ、リング、帯留めなど、装いのワンポイントとして気軽にお使いいただけます。

硝子帯留め
むらかみゆーこ(着付師、ステンドグラス制作者)

若い頃から硝子に魅せられ、学生時代よりステンドグラスを始める。
パネルや扉、ランプ制作などを経て現在は雑貨や小物などを制作。
着付けは自装、他装を始め、出張着付や教室を主催。
今回は着物や洋服が楽しくなるステンドグラスのアクセサリーで出展。
お気に入りが見つかりますように!

アパレル sui
2019年秋冬コレクションからスタートしたアパレルブランド。
粋をテーマに日本由来の美意識を提供することを目的に創業。
現在は東京を中心にオーダー会を行ないつつ、ウェブサイトをメインに展開。
日本人ならではの感性で作り出す、世代もジェンダーも超えた自由な服作りを目指しています。
https://www.suitokyo.jp/

【shell102企画/幻想サロン】

gallery shell102では新たな表現の場として、音霊舞踏◉落点を軸とした『幻想サロン』をプロデュースしています。

【幻想サロン】東京吉祥寺のgallery shell102が企画する、音霊舞踏◉落点を中心とした表現を映像として記述する試み。時に他の表現分野のキャスト・スタッフを迎え、実験的な作品を定期的に発信するシリーズです。

最初の配信は
shell102企画/幻想サロン】
01『殻-shell-』予告編(音霊舞踏◉落点✖️映像)
まずは予告編をお送りいたします。

gallery shell102ではいくつかのサロンを作り、それぞれのサロンで作る作品やイベントをonlineにて配信。
吉祥寺南町にあるshellとは別なる姿をお届けします。

youtubegallery shell102のチャンネル登録も宜しくお願い致します!

小山 夏比古写真展「 Once upon a time in Paris – 記憶・時間・表象 – 」

小山 夏比古写真展
「 Once upon a time in Paris – 記憶・時間・表象 – 」
エコール・デ・ボザールで彫刻を学んでいた作者が、ペンタックスSVを片手に
街をさまよい記録した1970年代半ばのパリを「表象」として展示する写真展。
2020年8月1日(土) 〜 10(日)
(休み:4/火・5/水)

11:30-19:00
レセプション:  8月1日(土)  17:00〜19:00
作家在廊日:   8/1,2,8,9,10

「記憶」は時間を超えて、もはや存在しない「過去」と対面させてくれます。また記憶とは、現在においてもなお過去が存在し続けることだとも言えます。時間とは一体何なのでしょうか?

この展覧会は、45年という時間を経てもなお、記憶として存在し続けるこの過去というものを、一つの「表象」としてここに展示するものです。作者が過ごした1970年代半ばのパリ。フランスは68年の5月革命の後ドゴールが退陣し、74年その後継者であるポンピドゥーが急死、81年ミッテランが政権につくまでの間、ジスカールデスタンが大統領を務めた時期でした。作者は、エコール・デ・ボザールで彫刻を学ぶ傍ら、生活の糧を求めてアルバイトを転々、ペンタックスSVを片手にパリの街をさまよいました。ここに展示される作品は、作者がパリに暮らしたわずか2年の間に撮られた貴重な記録でもあります。

若い頃パリに暮らした作家、ヘミングウェイは次のように書いています。
もし幸運にも
若者の頃、パリに暮らすことができたなら
その後の人生をどこで過ごそうとも
パリはついてくる
パリは移動祝祭日だからだ
(高見浩訳 新潮文庫「移動祝祭日」より)

◎7月のスペース貸し割引

 [7月のスペースご利用のススメ]

7/2〜20(火・水は休み)のご利用を通常の2割引でご案内いたします。
*ご利用キャンセルが出ました。コロナの影響はまだまだ残っております。
適度な換気、密にならない工夫、消毒、マスクのすすめ。
shell102もできる限りのコロナ対策を施します。

是非お問い合わせください。
詳しくは[利用案内]をご覧ください。
info@shell102.com
tel:0422-29-8900
   


「* May Field *みやこさんの帽子」オンライン展

『* May Field *みやこさんの帽子』オンライン展
ウェブサイトでは続行中!

2020年5月22日(fri)〜24日(sun) に催した
shell102での展示&オンラインです。

みやこさんの帽子はまるでみやこさんで、
かっこよくておしゃれで、
キュートでおしゃべりで、
さすりたくなって、
ずっとみていたくなる。

南阿佐ヶ谷にある
アトリエ * May Field *からやってきました。

いまはまだ外に出るのも難しいけれど、
いまはまだハグしたりは難しいけれど、
でも、帽子をかぶると心は舞い上がる。

みやこさんのアトリエ&ショップの
* May Field * から、
みやこさんが大切に思っている
something happy ****!
をオンラインでご案内します。

今回展示発表の作品は随時アップいたします。

もちろん会場にお越しいただいても構いません!
*期間中はみやこさんが常駐しています
*会場は1時間ごと1組のお客様をお迎えいたします。
ぜひご予約をください。
yoyaku@shell102.com
tel:0422-29-8900

『* May Field *みやこさんの帽子』展  <帽子の紹介・形編>

<帽子の紹介・形編>はアトリエ May Fieldでみやこさんが、 たくさんある帽子の種類の中から、比較的身近そうなものの幾つかを選んで簡単に紹介してくれる。いわば帽子の入門編。 いつもは身振り手振りで話していた帽子のことを、みやこさんが優しく楽しく教えてくれています。

『* May Field *みやこさんの帽子』展  <帽子の紹介・素材編>

「* May Field * みやこさんの帽子」のご紹介映像です。 [帽子の紹介・素材編]はアトリエ May Fieldでみやこさんが、 たくさんある素材の中から、代表的な物を選んで簡単に紹介してくれる帽子の入門編。 フェルトもひとつだけではないのです。 春夏用の天然素材も一口に麦わら帽子と呼ばれていている中に、本当はたくさんの草の種類があります。 帽子の豆知識としてお楽しみください。

5月23日 帽子のある風景

帽子の楽しみ  ベレーの上手なかぶり方

ベレーの上手なかぶり方
みんな大好きなベレー帽のかぶり方を、アトリエ May Fieldでみやこさんが あれこれ手ほどきしてくれています。 ちょっと試してみてください。

帽子の取扱い -日常編-

帽子をかぶった後のお手入れの仕方とポイントを帽子作家のみやこさんが伝授いたします。

帽子の取扱い -長期保存編-

帽子の取扱い・長期保管編 は、教えて欲しいけれど、なかなか知ることができない保管の方法やコツを アトリエ May Fieldでみやこさんが楽しく教えてくれます。

合渡都(ごうど みやこ)
静岡県出身
文化服装学院 服装科 卒業
同 シャポ-アクセサリー科(現・ファッション工芸科) 卒業

帽子をメインに、コサ-ジュや 布糸を材料としたアクセサリー、バッグに至るまで、素材との対話を大切に一点一点 形にし、発表しながら現在に至る。
幾通りにも楽しめる自由なデザインと仕事の丁寧さは高く評価されている。

文化学園(大学、短大他クラス多数)  その他専門学校、短期大学にて講師歴38
ファッションショ-、ミュージカル等 舞台衣装、コマーシャル等撮影用 etc. 多岐にわたりデザイン、制作多数

1993年以来   個展、グループ展多数
2013年、2016  ハットショ-形式にて発表  好評を博す
20095月より  阿佐ヶ谷にて、ショップを兼ねたアトリエ  May Field* を本拠地としながら、ギャラリー展、百貨店出店(日本橋三越本店) 等、様々に活動中

パブリケーション
CLASSY
ELLE  JAPON
Casa BRUTUS
LIVELY
・大人のおしゃれ手帖(ムック2冊含む5冊) etc.

募集しています!

shell102のご利用を募集中です!

撮影スタジオに
ワークショップに
お稽古
イベント
パーティー
などなど

使い方に合わせてご相談いたします。
企画持ち込みも歓迎です。

天井高さ3メートル
椅子(30脚)
テーブルあり
棚あり
キッチン利用あり
プロジェクター、モニターあり
PAセットあります。

詳しくはこちらから。

すぐのお問い合わせは
info@shell102.com
電話
0422-29-8900(ニクヤクオーオー)
お急ぎの方
090-8508-2019(スズキ)

お待ちしています!!