みやこさんのW.S『秋のコサージュ・木の実と葉っぱと蔓』

gallery shell102 w.s
みやこさんのワークショップ
『秋のコサージュ・木の実と葉っぱと蔓』

阿佐ヶ谷のアトリエショップMay Fieldのオーナーで帽子作家の合渡 都(ごうどみやこ)さんを講師に迎え、みやこさんの手染めの材料を使った秋のコサージュを作ります。いつもキュートでカッコイイみやこさんのセンス満載。
自分だけのコサージュを一緒に作りましょ~!
*shell102で開催した「* May Field *みやこさんの帽子」オンライン展

日時:1011日(日)(満席)、12(月) 13時~16時(両日とも)
定員:各回6名(両日とも)
参加料:¥6,600(税込)
*材料費は含まれています
*ご用意いただくもの
・よく切れるハサミ
・木工用ボンド
・エプロン
・手を拭くミニタオル

申し込み方法:
参加日と人数、お名前、ご連絡先を明記の上、
yoyaku@shell102.com
までお知らせください。

*今回は2日間ご用意しました。
*キャンセルは5日前までにお願いいたします。
5日を過ぎた場合はキャンセル料(¥2000)をお願いしています。
*ご不明点、ご質問がありましたらお気軽にご連絡ください。
*詳細は随時アップいたします。何卒宜しくお願い致します。

場所:gallery shell102
武蔵野市吉祥寺南町2-29-10エクセル井の頭102
0422-29-8900  yoyaku@shell102.com



joined_video_f49ecbc8472a4c0aa0a0682380b84f5c

合渡都(ごうど みやこ)
静岡県出身
文化服装学院 服装科 卒業
同 シャポ-アクセサリー科(現・ファッション工芸科) 卒業
帽子をメインに、コサ-ジュや 布糸を材料としたアクセサリー、バッグに至るまで、素材との対話を大切に一点一点 形にし、発表しながら現在に至る。
幾通りにも楽しめる自由なデザインと仕事の丁寧さは高く評価されている。
文化学園(大学、短大他クラス多数)  その他専門学校、短期大学にて講師歴38
ファッションショ-、ミュージカル等 舞台衣装、コマーシャル等撮影用 etc. 多岐にわたりデザイン、制作多数
1993年以来   個展、グループ展多数
2013年、2016  ハットショ-形式にて発表  好評を博す
20095月より  阿佐ヶ谷にて、ショップを兼ねたアトリエ  May Field* を本拠地としながら、ギャラリー展、百貨店出店(日本橋三越本店) 等、様々に活動中
パブリケーション
CLASSY
ELLE  JAPON
Casa BRUTUS
LIVELY
・大人のおしゃれ手帖(ムック2冊含む5冊) etc.

『 shell102 ‘s market ・お盆 』陶器の作家小沼さん

『 shell102 ‘s market ・お盆 』

陶器の作家小沼さん

小沼さんから届いた作品を並べていたら夢の中にいました

<小沼 寛・陶芸家>
1970年/19才。ヨーロッパに渡る。フィンランドの土を踏む。 その後ロンドンへ移りしばらく生活する。
1978年/陶芸をはじめる。
1983年/フィンランドのフィスカルスにて作陶。迷いのあった陶芸に自由を見つける。自然の中でも存在していられるようなモノをつくれればいいなと思うようになる。
1984年/自らの工房を《アトリエ あうりんこ》とする。手びねりを始め、はなシリーズが生まれる。植物のようなカタチも出現してくる。
1989年/加藤文子と出会う。自分がなぜ存在しているのか、なぜ焼物を仕事に選んでいるのか、いろんな本当のことを知りたくなる。
1996年/那須に移住。たまごがうまれる。貝がうまれる。花や虫が生まれ、手びねりの器も溢れてくる。
http://aurinkonoko.com/

813日木曜日から16日日曜日の4日間
12:00~19:30(最終日は~19:00まで)

 

小山 夏比古写真展

小山 夏比古は73年から75年、エコール・デ・ボザール(フランスの高等美術学校)でセザールに師事をし彫刻を学びました。写真はその間に撮られたものです。
小山氏は彫刻を学びながら生活のためにいくつかのアルバイトをしています。そのうちのひとつが小学校の子供の世話です。作品の子供たちはアルバイト先のエコール・サンジョルジュの子供達です。

カメラを手にした小山青年に子供達が走り寄ってくる光景が目に浮かびます。

写真を撮られることがまだ楽しくてたまらなかった頃(・・いや、今でも子供にとっては楽しいかな)。

場所取りで友達ともめて突き飛ばした瞬間だったり、大切なガールフレンドをエスコートして、二人の写真を撮ってもらおうと近づいてきた少年のはにかみだったり。

小山氏の写真を見ていると、約45年前に撮った時の小山氏の感覚を共有します。 時間を掴んだ瞬間とでもいうのでしょうか。

会期は明日10日まで。

最終日は少々ですがワインもあります。

小山 夏比古写真展
Once upon a time in Paris – 記憶・時間・表象
8 月10(日)まで
11:30-19:00(作家在廊しています。)

9月には小山氏本来の分野、彫刻展をやります!

コンヤノシヲタダヨオウ

6月20日の昼下がり
shell102にて
コンヤノシヲタダヨオウ 多田葉子&大野慎矢duo
演奏の様子です。

てのわ市で演奏予定でしたが、
今年はオンライン開催になってしまったので
てのわ市の為の演奏撮影となりました。
梅雨の合間の晴れた昼下がり
末広通りを歩いていたら
どこからともなく聴こえてきた
クラリネットとアコーディオンの音

異国情緒あふれる音色に誘われて
足を踏み入れたshell102
外の眩しさと比べると、薄暗いけれどそれが涼しげ

散歩の途中で見つけたうれしい出来事

 

View this post on Instagram

てのわ市2020出演するのをとても楽しみにしていました。 吉祥寺の末広通りにあるgallery shell 102 さんをお借りして、4曲を公開撮影しました。 ちょうど展示『アヤタとカンの絵と言葉』6/19,20,21と26,27,28(金•土•日) 11:30〜19:00 #shell102 が開催中で、てらいの無い非常に素敵な絵たち言葉たちのなかで 気持ちよく演奏させていただきました。 コンヤノシヲタダヨオウは、まだCDなどないのですが 2人は『トラペ座』というトリオの楽団のメンバーでもあります。#トラペ座 もし動画を見て気に入っていただけたら、こちらでCDをご購入できます↓↓↓ https://shop.otonomadobe.com/items/6376702 ライブは、8/1(土)に東高円寺•シュワルツカッツというお店で演奏します。 ぜひ、生演奏を味わいにいらして下さい〜〜〜 #onlineてのわ市

A post shared by コンヤノシヲタダヨオウ 多田葉子&大野慎矢duo (@konnyano) on