3/24「中川五郎をいま、聞く」vol.5サエキけんぞう×中川五郎

失望と悲しみが滲むあの時
70年代にのしかかる重しをいまどのように伝えてくれるのか。
サエキけんぞうが中川五郎へ真正面から聞き出しています。
vol.4では70年代への移り変わりを。
vol.5では70年代渦中を掘り下げます。

3月24日日曜日
開場:14時半 開演:15時
料金:¥2500+1drink)
予約:https://shell102.com/yoyaku-2/
イベント名、名前、人数、連絡先(電話番号,mailアドレス)をご記入ください。
*会場参加の皆さんには配信動画の視聴もできます。

「サエキけんぞう×中川五郎 対談」日本のフォーク界の歴史に迫る。
60年代のフォークはどこから現れ、何をしでかしたのか・・
vol.1~3は60年代を掘り下げ、vol.4からは70年代への移り変わりを音楽シーンと照らし合わせた対談となりました。
vol.5では

vol.1「中川五郎をいま、読む、きく」のイベント対談(2022年7月17日)は、
2時間半にも及ぶフォーク界における時代の考証となりましたが、A4サイズ1枚にまとめた60年代のフォーク界史実年表の5行目で時間切れとなりました。
https://shell102.com/nakagawagoro-yomu/

vol.2「中川五郎をいま、聞く」(2022/9/23)では、前回に続き熱いサエキけんぞう氏。対談内容は1969年まで到達。
https://shell102.com/goro_saeki0923/
こちらの対談の様子を配信中!
ご視聴チケット:
shell102online shopでお求めの上ご視聴ください。

vol.3は「いよいよ佳境の60年代フォーク対談!」 高田渡さんが登場しますと共に、中川五郎さんの著作「ぼくが歌う場所」69ページにかかれております『60年代末のフォークシンガー(高田渡さんなど)とフォークゲリラの歴史的対立』について徹底的な解明を行いたいと思います。これは歴史的な対論になります。(サエキけんぞう) その他、誰も知らなかった60年代の扉を開きますサエキけんぞう氏の熱いトークと溢れる知識で中川五郎氏の胸の内を引っ張り出し、隠れた真実に迫ります。 半世紀前の吉祥寺、日本のフォーク界の話など、噂も真実もいまなら笑って話してくれるに違いありません。当時を知っていても知らなくても、いまだから聞きたい話のつづきです。まさに会場に来ていただいた方のみぞ知る歴史と真実となりました。前回の対談を振り返りつつ、さらに深く掘り下げて行きます。
中川五郎 演奏曲
・告別式/高田渡
・2005年4月16日/中川五郎
・かえるそのとき/中川五郎
https://shell102.com/gorosaeki_haishin3/
こちらの対談の様子を配信中!
ご視聴チケット:
shell102online shopでお求めの上ご視聴ください。

60年代までの年表


vol.4では
70年代にのしかかる重しをいまどのように伝えてくれるのか。 サエキけんぞうが中川五郎へ真正面から聞き出しています。 早川義夫(ジャックス)、加藤和彦、PANTA(頭脳警察)、谷村新司(ロック・キャンディーズ/アリス)の話も興味深いものとなっています。
https://shell102.com/gorotosaeki_vol4/
こちらの対談の様子を配信中!
ご視聴チケット:
shell102online shopでお求めの上ご視聴ください。

VOL.4配布資料

5/20,21「 HAT ON ! Go!Do! show 」

合渡 都の帽子の世界へようこそ!
帽子の魅力を楽しく紹介していく HAT SHOW !
ダンス(+hat) × 音楽の即興 パフォーマンス!

「 HAT ON ! Go!Do! show 」
<日時>

5月20日(sat)
 open18:00/start18:30
5月21日(sun) open16:00/start16:30
¥3000(drink in)(各公演:定員20人)
*後日有料配信予定

<出演>
帽子作家:合渡 都
ダンス/モデル:砂山 典子
演 奏:井谷 享志 (perc.)
モデル:橘 大翔

<1部>
モデルが装う合渡 都の帽子の魅力を
様々な角度から楽しく紹介していく

HAT SHOW !
<2部>
ダンス(+hat) × 音楽の即興 パフォーマンス!
井谷享志(perc.)を迎え、砂山典子(dance)と、
その場限りのセッションをお楽しみください。

HATするかも!

<予約>
お名前、連絡先、観覧日、人数をお知らせください。
*当日会場精算となります。
(クレジットカード、PayPay利用可)
予約フォーム
https://shell102.com/yoyaku-2/
メール: 
yoyaku@shell102.com

tel:0422-29-8900

**********
<合渡 都(ごうど みやこ)の「帽子」についての展覧会>

「 HAT ON ! Go!Do! 」5月11日(thu) -19(fri) もお楽しみください。
https://shell102.com/haton_godo/


合渡 都
(ごうど みやこ)
帽子作家
帽子をメインに、コサージュ・布や糸を材料としたアクセサリー、バッグなど、素材との対話を大切に一点一点形にし、1993年より個展、グループ展などでの発表を続けながら現在に至る。幾通りにも楽しめる自由なデザインと仕事の丁寧さは高く評価されている。舞台衣装、各種撮影用等、多岐にわたりデザイン制作。また、文化服装学院、大学等で38年間教えてきた実績を持つ。2009年5月にショップを兼ねたアトリエMay Field(阿佐ヶ谷)をオープン。2012-2018年ではハットショー形式にて4回発表し好評を博す。近年では、Y’s ARTにて9sense参加/ギャルリー・ラーにて個展/ACギャラリーにて3人展 他。ギャラリー展、百貨店出店 (日本橋三越本店 ) 等、様々に活動中。
https://www.instagram.com/miyakogodo/

砂山 典子(すなやま のりこ)
ダンサー・パフォーマンスアーティスト
80年代 黒沢美香 & ダンサーズを経由、アーティストコレクティブ dumb typeのメンバーとして90年〜2020年のすべてのパフォーマンス作品を共同製作。並行してソロやユニットを作りジャンル横断的に活動。1995年よりライブインスタレーション「むせかえる世界」を国内外で開催継続。SNATCH名義で、キャバレーイベントやミュージシャンとのセッション多数。近年、美術家で構成されているバンドTHE TETORAPOTZや、SAX奏者・梅津和時キャバレー バンドでコーラスも㌯当。パフォーマンスで訪れた国は30カ国以上。
https://www.instagram.com/snatch_snacky/


井谷享志(いたに たかし)
Musician・Percussionist・Drummer
既存の領域にとらわれない独自の感覚と幅広い表現力で、国内外の様々な公演、録音に参加。 舞踏家や映像作家、画家など、ミュージシャン以外のアーティストとのパフォーマンスや制作も積極的に行っている。 個人の活動としては、自己音源「なんか夢みたい」を発表。自身のソロパフォーマンスで、フランス、リールに招致される。Sony Network Communications の「ONLINESESSION #4 ~gadulka × percussion~」ムービーに出演。
http://itanitakaside.gozaru.jp