ドローイングと音楽

ドローイングのこと
徳永さんのドローイングは、これまでいくつかの手法で描かれていますが今回はエアブラシで描かれたものです。
そして今回は色がついているドローイングもあります。
このドローイング
音楽に見えます。
「音楽から絵」はなんとなくわかるのですが、「絵から音楽が見える」なんてなかなか体験していない。
「音楽が見える」もなかなか体験していない。
左がメロディー 右がリズム

*ドローイング・シートの大きさ 160×200(ミリ)
額サイズ:太子

西安とshell

この前の9月、中国西安にオープンしたホテルRitz Carlton Xianに徳永氏の作品が納められました。
作品はすぐに「徳永さんの作品だ!」とわかるペインティング作品です。
色は、
今回のコバルトライトブルーだけれど
西安Ritz Carlton Xianは緑が強いでしょうか。
そして
大きく違う点は展示場所
西安Ritz Carlton Xianはライティングは間接照明を引き立てる抑えた明るさに、濃い茶色を基調としたダークな石の内装。絵はまるで、天から降りてきた光を受け止めているかのよう。まさしくRitz Carlton Xianに納められた絵画。
shell102は白のペンキ。天井はコンクリート素地に数回しか塗装していないから真っ白ではなく、荒いコンクリートの地肌のテクスチャーが浮き出ています。
shellで展示しているコバルトライトブルーを使った作品が馴染む空間は、shellがそうであるように

陽があたる海の横の小屋。小屋の中は少しひんやりとしていて、外が眩しいから暗く感じるけれど陽の明るさが染み込んでくる感じ。

shellの白のペンキは、コンクリートの色が少し透けて貝殻の内側の骨白にちょっと近いかも(言い過ぎかな・笑)。

同じペインティング作品でも、「陰と陽」と言えるくらい違うなんて。

そんなことを思って見ていた今日のペインティング作品でした。

1週間目の『 徳永雅之展 The Scene of Light 』

末広通り側からshellをのぞいた時

ちょうど大きな絵が見えます。

外から見る絵は

白い壁と白い天井のせいか、

プールの中のように見えます。

井ノ頭通り側から日差しが入ってくる頃は、

白い壁と白い天井と日差しのせいか、

部屋が揺らいで見えます。

それはもうプールの中のようです。

 

cian cianin ライブ

11月9日は 徳永雅之展 The Scene of Light 』の初日で
レセプションパーティでした。
徳永さんが参加しているバンドcian cianinのミニライブもやりました。
音楽と絵が人生のテーマである徳永さんにとっての個展のパーティでのライブは(長い前置き!)大切なもの。
ギター×2、ベースはアンプに繋ぎ、ジャンベとサックスでの構成はなかなかヘビーではありませんか!
が、しかし
shellに包み込まれた気持ち良いライブとなったのです。✌️

『徳永雅之展 The Scene of Light』2019年11月9日〜23日

『徳永雅之展 The Scene of Light』
会期:2019年11月9日(土)〜 23日(土)
11:30〜19:00 (水曜休廊)
(初日は15時から 最終日は17時まで)
◎11月9日(土) オープニングパーティ 16時〜
Cian Cianin mini live あり 16:30頃から

徳永雅之のペインティングとドローイングの新作を中心に展示します。
<ペインティングについて>
光をまとった視界のようなもの、それを眺めているように描いています。具体的なイメージを介在させないこと、とりわけエアブラシという道具を使うということは重力や触覚的な抵抗感を消していくことでもあり、それはある意味記憶の中で再生される映像のようなものに似ていることに気づきます。私は明瞭な形が溶け、光だけが認識されたような画面にぶら下がっている現実との接点にこだわっているように思います。

<ドローイングについて>
線描の作品は私の中に内在する、ペインティングとは別の感覚を瞬発力を持って引き出すプロジェクトです。ペインティングの作品には存在しない線描というものを様々なアプローチで追求しようというもので、10年ほど前から続けています。二年ほど前に、通常は線描を目的には使われることのないエアブラシを使ってみたら思いがけない効果とインスピレーションをもたらすことがわかりました。それ以来エアブラシによるドローイングを試みています。短時間の中、紙と手先と脳の中で拮抗するスピード感に満ちた制作は、ペインティングとはまさに対極にあるものですが、不思議とその2つを行き来する時に違和感は全く無いのです。

ペインティングと同じ空間に展示すると別の作家との二人展のように思われるかもしれませんが、これらは作家である私のネガとポジ、雄型と女型を展示していると思っていただければ幸いです。(徳永雅之)

1960 長崎県佐世保市生まれ
1985 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
1987 東京芸術大学大学院美術研究科(修士課程)壁画専攻修了徳永雅之ウェブサイト https://www.tokunagamasayuki.com/

face bookイベントページ

ブログリンク
「西安とshell」

「Tayutau」

「クサカベのアキーラのコバルトライトブルー」

「ドローイングと音楽」

「もうひとつドローイングのこと」

 

夢の長さ

Tシャツをかけているハンガーはプラ段をカットした手作りハンガー(ドボチョン作)。

首のところに夢が書かれています。

だから夢の語りによって首の長さが違うのです。

一番長いのはズントクの夢「アンディ」

一番短いのはドボチョンの夢「パン」

夢をみて寝ている時もこんな風に首の長さが変わっているのかもしれません。

夢は頭でみて、夢の素はお腹のちょうどヘソあたりにあって、中枢神経に沿って夢は上昇して頭の夢床へと運ばれる。

だから夢の語りが長いほど首が長いのです。

「私は夢をみないわぁ」という方は、寝る前に逆立ちするといいかもしれません。

ヘソのあたりの夢の素を、頭の中の夢床へジャンジャン流しておくと、あふれんばかりに夢をみるかも。

Dream Journey ズントクとドボチョンの夢日記Tシャツ展 折返し

Dream Journey
ズントクとドボチョンの夢日記Tシャツ展
7月6日〜21日会期も半ばとなりました。
きょうはなんとかアメフラズでしょうか。
ドアを開けて、蚊取り線香を焚いて、エアコンは除湿モード。
野望を申せば、きょうはゆで卵を作りたい。
さっきまでパソコントラブルでネット繋がらず。
焦る気持ちを蚊取り線香の匂いで抑えつつ解決・・ふぅ。
ところで宮原さんと徳永さんのプロフィールを簡単に。

・ 宮原 清 (Kiyoshi Miyahara)
1959年 生まれ
1983年 東京造形大学絵画科卒業
1985年 株式会社アトリエ・あい入社
ウィンドウディスプレイを中心に、公共・商業空間のワートワーク、
オブジェ等のプランニングから制作までを行っている。
株式会社アトリエ・あい(atelier eye)の代表取締役。
http://www.atelier-eye.co.jp/eye.html
JAVMA日本ビジュアルマーチャンダイジング協会常務理事もやってます。

・ 徳永 雅之 (Masayuki Tokunaga)
1960 長崎県佐世保市生まれ
1985 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
1987 東京芸術大学大学院美術研究科(修士課程)壁画専攻修了
個展、グループ展多数発表
たくさんあるのでぜひHPをみてください。
https://www.tokunagamasayuki.com/
15日からgallery美の舎「言問はむ」に出展。
7月末は、目黒区立美術館でワークショップやりますよ。
https://mmat.jp/event/archive/2019/20190720-155.html…

「Dream Journey」アルバム写真更新中
Tシャツの至近距離紹介は
https://www.facebook.com/tomoko.suzuki.94801116
instagramの至近距離紹介は
https://www.instagram.com/jansch3/
twitterもあるよ
https://twitter.com/DreamJourneyT1

宮原さん

徳永さん

☆イベントページへ

「アンディ」by ズントク

「アンディ」 1990329

流れ星が見えた。 星が消える前に願い事をつぶやいてみた。小さなUFOが飛んできた。僕の周りを飛んでいる。こいつにも願い事をつぶやいてみた。

宇宙人が僕の前に居た。丸い顔に目、鼻、口、そして人間のような手。右手には丸い風船のような薄緑色のものが付いている。宇宙人と一緒に食事に行った。僕の家族も一緒だ。どこかの店のとても広いお座敷。周りの席にも人がたくさん居る。宇宙人と色々な話をした。「思っただけで物を動かせるのですか」家族が怪訝そうな顔をする。「片方の手が丸いのでそういう能力がないと色々不便かと思って」というと家族は彼を指さして「ちゃんと手はある」と言った。見るとその丸いものは取り外し可能な一種の装置だったのだ。

彼は落ち着いた声で「なにか動かしてみればいいのですね」と言った。

 宇宙人は 自分の名前は「アンディ」であると言った。アメリカ人のような名前だなと思ったが、実は 「アンディ」の「ディ」の発音が独特で正しくは「アンドゥィイー」と発音するのだそうだ。

会食はおひらき。その場所を出ることになった。

実は今まで居た所は他人の結婚式の披露宴会場らしいことがわかった。

by ズントク

『Dream Journey 〜ズントクとドボチョンの夢日記Tシャツ展 より〜』