『Rooms』shell102 artlabel.1 8/13-22

『Rooms』
shell102 artlabel.1
2021,08,13fri – 22sun 12:00-19:00

区切られた部屋も、宇宙にまで広がる部屋も、
315mmx315mmの箱に込めた19人の作家による部屋「Rooms」。

コロナウィルスパンデミックにおける行動の規制で、私たちは「部屋」への意識がより顕在化しているように思えます。
また、行動の規制は逆に「つながり」を意識するものとなりました。
いくつもの部屋が集まった「Rooms」。
これももひとつの部屋です。

The inside and outside of the box are real.

3 年目を えたgallery shell102 は
シリーズ< shell102 artlabel > を企画。
リリース(展覧会開催)されるアルバム(展覧会)で、
作家の表現とギャラリーのより深い関係を生み出していきたいと思います。

[作家]
石本光男・mitsuo ishimoto
市川晋二・shinji ichikawa
梅村昇史・shoji umemura
奥谷風香・fuka okutani
河本蓮大朗・rentaro kawamoto
小林 敦・atsushi kobayashi
スズキマリヤ・mariya suzuki
田中晴気・haruki tanaka
徳永雅之・masayuki tokunaga
にのみやなつこ・natsuko ninomiya
ニノ宮美羽・miu ninomiya
野村直子・naoko nomura
蓮尾佳由・ kayu hasuo
塙 雅夫・masao hanawa
馬場敬一・keiichi baba
原 知恵子・chieko hara

半谷 学・manabu hangai
宗政浩二・koji munemasa
そのゆうこ・yuko sono
(敬称略、不同 )

◆ 新型コロナウィルス対策のため、オープニングパーティーありません。
 ご来場の のマスクの着用、手指の消毒のご協力をお願いしています。

 

2020年1月9日〜石本光男 展「巡る」

<shell102企画展>
石本光男 展「巡る」

2020年1月9日(木)〜20(月)(火・水は休廊)
11:30〜19:00(最終日は17時まで)
◎レセプションパーティ 1月11日(土)17時から

作者が歩いて出会う「小屋」
トタン板で覆われた「小屋」
記憶の引っ掛かりをひとつひとつ丁寧に紐解きながら自分の手の中で再生させる。
トタンのコラージュは時間の旅である。
トタニズム。

小屋やトタンをモチーフに描くようになって少なからず僕の旅のしかたも風景の見方も変わってきました。
あてもなく街をぶらぶらしたり、通りを1本づつ歩いてみたり、あえて道に迷って
みたり。
自分がみたい風景を探していると今まで気づかずに通り過ごしてきたことのいかに
多いことか、そして自分が想像する以上に現実にある風景は不思議な世界を持って
いることにも気づかされました。
そうして探した風景を写真に撮って持ち帰ったあとは絵という長い旅が始まります。
巡り巡りながら風景と自身の感覚がリンクするように。

今回の展覧会では資料として撮った写真やドローイング、水彩、コラージュ、油絵、
立体などを展示します。(石本光男)