『Rooms』shell102 artlabel.1 8/13-22

『Rooms』
shell102 artlabel.1
2021,08,13fri – 22sun 12:00-19:00

区切られた部屋も、宇宙にまで広がる部屋も、
315mmx315mmの箱に込めた19人の作家による部屋「Rooms」。

コロナウィルスパンデミックにおける行動の規制で、私たちは「部屋」への意識がより顕在化しているように思えます。
また、行動の規制は逆に「つながり」を意識するものとなりました。
いくつもの部屋が集まった「Rooms」。
これももひとつの部屋です。

The inside and outside of the box are real.

3 年目を えたgallery shell102 は
シリーズ< shell102 artlabel > を企画。
リリース(展覧会開催)されるアルバム(展覧会)で、
作家の表現とギャラリーのより深い関係を生み出していきたいと思います。

[作家]
石本光男・mitsuo ishimoto
市川晋二・shinji ichikawa
梅村昇史・shoji umemura
奥谷風香・fuka okutani
河本蓮大朗・rentaro kawamoto
小林 敦・atsushi kobayashi
スズキマリヤ・mariya suzuki
田中晴気・haruki tanaka
徳永雅之・masayuki tokunaga
にのみやなつこ・natsuko ninomiya
ニノ宮美羽・miu ninomiya
野村直子・naoko nomura
蓮尾佳由・ kayu hasuo
塙 雅夫・masao hanawa
馬場敬一・keiichi baba
原 知恵子・chieko hara

半谷 学・manabu hangai
宗政浩二・koji munemasa
そのゆうこ・yuko sono
(敬称略、不同 )

◆ 新型コロナウィルス対策のため、オープニングパーティーありません。
 ご来場の のマスクの着用、手指の消毒のご協力をお願いしています。

 

「Strange days」自粛中作ってました

gallery shell102企画
Strange days」自粛中作ってました
20201120日(金)−23(月・祝)
12:00~19:00 

作家在廊日
23(金):諫山、宗政
24(土):諫山、本田、福島
25(日):諫山、本田、福島、佐藤(6時まで)
26(月):諫山、福島、佐藤

新型ウィルスcovid-19によって変わってしまった世界で生活することは時間軸を自分で組立てることで、生業とは別な自分の時間を紡ぎ出す日々となりました。物を作るとき、その先にある何かを目指して作ることが制作だとしたら、終わりが見えない自粛中やまだ続くコロナ世界で作るものは「生まれちゃったもの」「見つけちゃったもの」。積極とは少し違い、「自分を過ごした形」とか、「自分の時間の結果」とか、「まだ続く自分」。

受身でありつつ消極的ではない自分製作とでも言うのでしょうか。もしかしたらまだ続いているかもしれないコロナ自粛で生まれた作品の展覧会を開催したく思います。(gallery shell102

[出展者]
masa & riss
諫山一也
宗政浩二
本田 淳
福島章人
(順不同)

作品一覧
https://note.com/shell102/m/mc9723fca8a93

[作家プロフィール]
masa
佐藤昌孝 インテリアデザイナー 武蔵野美術大学 非常勤講師 武蔵野美術大学卒

riss
ダンボール屋 オリジナルダンボール商品の店「コルカーボ」店長
武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン科卒
https://www.corcarbo.com/

諫山一也
1962 兵庫県神戸市生まれ
1985 武蔵野美術大学工芸工業デザイン科卒業
1990年代中頃より個展・グループ展等で発表
2020 約20年ぶりに作品制作を再開

宗政浩二
武蔵野美術大学 工芸工業デザイン卒
1990年頃から個展、グループ展多数。
美術造形工房「松丘屋スタジオ」主宰 アート、商業などあらゆる造形物の製作https://artworkskojimunemasa.tumblr.com
http://matsuokayastudio.com

本田淳
東京造形大学油絵科卒業。日本デザインセンター、アイドマのイラスト部を経て現在、フリーランスのイラストレーター。元・日本南画院会員(水墨画)。現在、新宿世界堂のアートカルチャー講師も務める。

福島  章人
19646月生まれ、埼玉県秩父市出身、 狭山市在住。武蔵野美術大学 芸能デザイン科卒業。ディスプレイ、内装、展示会等携わりながら、手芸品を制作しております。