雨の夏至の「墨とコントラバス」

「墨とコントラバス」

私小説の映画のワンシーンを永遠と見ていた。

雨の日の夏至の午後

仄暗い部屋で、デスクに紙を広げ墨を含ませた筆を動かす女

コントラバスを弾く男は姿はハッキリとしているけれど亡霊

コントラバスの音、シンセの歪んだ機械音

大きな窓の外は車が走り、人が通り過ぎて、外のような内のような、ずっと続く錯覚の時間。

時間は止まっているようで、でも墨画は描かれていくから止まっていない事がわかる。

曇りの明るさが白いshellをよりぼやかせてくれたのは、まさにこの時のためだったのかもしれません。

途中、コントラバスを抱え外へ出て、大きな窓の外から墨画を描く女の後ろでコントラバスを弾いた時、クスッと笑ってしまうステキな亡霊。広い通りを渡って通りの向こうで弾いた時、もう一度クスっと笑ってしまった。観客は音を立てることを恐れてはいけないのです。だって菊地雅晃はその気配も取り込んでくれるから。原知恵子はその気配を墨に落としてくれるから。

2人は素晴らしきパフォーマーでした。

リアルタイムリングモジュレーションド変調コントラバス  。久しぶりの音、私は心地よい。

 

墨とコントラバス4日前

昨日、「墨とコントラバス」のセッティングをしてみました。

プラハこと原 知恵子、かっこいいです。
ここに菊地雅晃さんが絡むことを考えるとワクワクです。

日時:622日  15:00~ / 18:00~(開場30分前)

料金:2000円 (+ドリンク300円)

2公演通しの方は¥3500

会場:gallery shell102

菊地君

622日『墨とコントラバス』のコントラバス演奏する菊地雅晃。

ジャズベーシストで作曲家、ギターもピアノも・・・音楽家です。

プーさんこと菊地雅章(キクチマサブミ)さんの甥っ子です。プーさんは「雅章」と書いて「まさぶみ」と読むのですが、菊地君は「雅晃」と書いて「まさあき」と読みます。その通りだけれどややこしい。

ジャズ、ロック、現代音楽、テクノも、幅広い活躍。

菊地雅晃ブログより

「今回は久々に電子変調機器を動員させて(Korg MS-50 他)、リアルタイムリングモジュレーションド変調コントラバスでのコラボを行います。リングモジュレーターをかけてのフィードバック演奏なども行いますので、未知の音響を聴きたい方は是非いらしてください。

僕はこのスタイルで30年演奏を行っておりますが、初期に比べるとジワジワと進化しております。」

ふむふむ、これサイコーなのです!楽しみ。

わかる方もわからない方も聴きにきてくださいませ~

菊地雅晃 http://blog.livedoor.jp/leoneturbogt2/

最近の音源をで聴けるのだ。すごっ。

https://masaakikikuchi.bandcamp.com/