2/29-3/9「いろどりとふちどり」赤刎千久子 と 山川美雪 の 二人展

<shell102企画展>
「いろどりとふちどり」
赤刎千久子 と 山川美雪 の 二人展

2020年2月29日(土) 〜 3月 9日(月)
(火・水は休廊)
11:30〜19:00(最終日17:00まで)
○レセプションパーティ 2月29日(土) 17時〜

クレヨン画・赤刎千久子(アカバネチクコ)と陶芸家・山川美雪(ヤマカワミユキ)の展覧会です。

音に色がついて見える共感覚を持つ赤刎千久子のクレヨン画は、
ぎゅっと塗り込めた色から音の風景が現れ
書を書くごとく、ピアノ線で一気に土を切り取り形を生み出す山川美雪の陶芸はその線の上を音が流れてゆく。

いろどりとふちどりの共鳴

facebookイベントページ

赤刎千久子(アカバネチクコ)
クレヨンを使って絵を描き始めて25年経ちました。
音に色がついて見える共感覚があります。
・・・・
青年団・こまばアゴラ劇場 制作
ホエイ制作・俳優
TOMOVSKY NEWS担当
https://www.instagram.com/chiqco/

http://chiqco.jugem.jp/

山川美雪(ヤマカワミユキ)
書家のように呼吸をととのえ、ピアノ線を用いて一気に決める。ここ何年かの土との向き合い方だ。
大きかったかたまりはどんどん省かれ刻一刻と変化する。 しかし、そのほとんどがまた練り直し元のかたまりへと戻る。
一連の流れを繰り返し、面白いかたちに出逢った瞬間、手を止める。私というフィルターを通して現れる様々なかたち。
しかし、その自我を極力消すことに集中する。着地点を決めない。どんなかたちが現れるか分からないから毎回ワクワク出来るのだ。
・・・・
武蔵野美術短期大学部卒業。
茨城県立窯業指導所でろくろ、釉薬科を研修、修了。
茨城県笠間で陶芸家森田榮一氏に師事し陶芸家としての感覚や姿勢を学ぶ。
1999年千葉県松戸市にて独立。
2000年にアトリエ山川陶芸教室を開く。
2002年より現在まで1年おきに教室展を開いている。
2000年より個展やグループ展を毎年開き、
銀座で立体作品を地元松戸ではうつわ作品を発表している。
http://www.miyukiyamakawa.com/
https://www.instagram.com/miyuki_yamakawa/