3/11-27「キクチメグミ 革と糸と 」

「キクチメグミ 革と糸と 」
2022年3月11日−27日

open/ 13時 close/ 19時(金土は20時まで)
休廊/ 火水

キクチメグミの革と糸の作品を展示します。
作家から作品を受取り、gallery shell102が展示をします。
言うなれば、作家とギャラリーとのセッションでもあります。
もちろん作家のキクチメグミは在廊いたします。

作品を受取り、作品に触れ、並べ吊るして眺めて、
作家の内へ飛び込んでみた。

キクチメグミは革と糸で形を作ります。
それは工業用ミシンを使って縫い続けるというもの。
革という不在を抱く抜け殻に寄り添い糸を這わせてつなげる形の再生。
そう、再生なんだと私は気づく。
ミシンで描かれた縫い目は作家の軌跡で
この革に幾度針が通ったことか、
ミシンの針穴に幾度糸を通したことかと思いを馳せる。
革を糸でつないでゆく。
それは祈りを続ける事のよう。私には思えるのです。




*お買い上げいただける鞄やお財布などの作品も展示いたします。
皆様のお越しをお待ちしています。

https://www.instagram.com/gallery_shell102/
https://www.facebook.com/Shell102gallery
twitterは GalleryShell102

本日初日

展覧会がオープンしました。
「キクチメグミ 革と糸と」
3月11日から27日までの正味2週間(火水はお休み)。
初日の今日は天気に恵まれ、寒さに耐えることなくドアを開けています。
金土は20時までだからきょうは20時まで😊
暗くなってからのライティングも楽しみです。

「キクチメグミ 革と糸と」
3月11日〜27日(火水は休み)
13時〜19時(金土は20時まで)

最後の準備・キクチメグミ 革と糸と

きょうの午後2時からは「キクチメグミ 革と糸と」の最後の準備。
大きなものは終えて、最後は小さなものを置く。
袋のバックがかわいい。

真っ直ぐ縫わない。綺麗に縫わない。
キクチメグミのルール。
革を布のように仕立てる・見立てる。

明日からしばらく一緒に過ごす時間が
とても楽しみです。

「キクチメグミ 革と糸と」
3月11日~27日(火水は休み)
13時~19時(金土は20時まで)

3/11-27「キクチメグミ 革と糸と 」


キクチメグミの革と糸と

キクチメグミの展示は今週ではなく3月11日から27日までとなりました。
まん延防止やワクチン接種などなどありますが、
その前からも開けているので、近くにお越しの際はお立ち寄りください。

キクチメグミの作品は革と糸とで出来ています。
キクチメグミが革と糸とでshell102に現れました。
わたしは引っ張ったり丸めたり吊るしたり、
かかわり方を見つけています。
革と糸とを緒に
寄り添うてみる

ひとつ気づいたことは
糸の軌跡は革の形に沿っているということ。
過剰な糸は熱量かと思っていたけれど、
そこには革の形をなぞるように進む軌跡が見えました。
革であることはキクチメグミにとってとても重要なこと。
革は中身がないものですが、中身の形はあります。
その形をなぞることで、そこには無いそこにあったものを浮かび上がらせている行為。
革を糸で沿うことでつながる。

キクチメグミの革の作品

shell102の中はキクチメグミの革の作品です。
繋げることと縫うことは同じです。
革に糸でドローイングしてその革をまた繋げてその上からまた糸でドローイングして。
縫うことは繋げることでステッチは描くこと。
描きながら繋がり繋げながら描く果てしない作品。

作品を袋から出したら、革の匂いが広がり、
工業ミシンの油の匂いがしてくる。
ダダダダダァー、というミシンの音が聞こえてくる。
縫い目に心奪われたり革のつながりに哲学を見つけたり。
広げる、吊るす、丸める。
バックらしき形には何を入れてみようか考える。

キクチメグミの作品が届いてから一週間。
日差しの中に置いてみたり、暗くして電球ひとつつけて見たり。
展示の仕方は私が決めて、設営も私が施すキクチメグミの展覧会では、
頭と手を使って、作品に触れて、私自身が作家の心に飛び込んでみました。
作品を持って脚立の上り下りを繰返す。
ポジティブな彼女の呼吸に癒されながら私はshellにいます。

今日は作品の整え、明日はshellのキッチン片付け。
そしてキクチメグミ作品展を開きます。
日時お知らせ詳細はこれから。




キクちゃんの荷物

2月12日土曜日
キクちゃんから作品が届いた。
開けるのがもったいないくらいのすてきな荷物。
梱包をほどく前に
陽のあたる場所において眺めています。

キクちゃんの作品を私が展示をします。
キクちゃんのことを思いながら、キクチメグミという作家に寄り添ってみる。
すてきな機会を持つことができました。

ペンキ塗りが終わってからは実家の両親介護のことや、学校の仕事でshell102の
ことは遅れがちでしたが、ここからまた少しづつ動きます。