「9月の海はクラゲの海」展覧会 開催決定!

「9月の海はクラゲの海~everything is nothing~」
  2019年9月19日(木)〜29日(日)

 

1986年(昭和61年)ムーンライダーズのアルバム「DONʼT TRUST OVER THIRTY」の2曲目に収録された「9月の海はクラゲの海」
作詞/サエキけんぞう 作曲/岡田徹。
いつまでも色褪せることのない名曲。
あの頃、僕らの海をフィルムみたいに泳いでいたクラゲは、
いまでも透明にかがやき僕らの海を泳いでる。
あなたの「9月の海はクラゲの海」を作品にしてください。
展覧会では「9月の海はクラゲの海」をテーマにした作品を募集・展示します。

『イントロでキックの無限ゲートエコー(ヘンな言い方だけど当時はそういわれた)とチェロの絡みが決まったとき、そして「キミのこといつもみつめてて キミのこと何もみていない」と歌われたとき、“この曲いただき!きっと代表曲になる”と直感した日。その日から34年、今また「9月の海はクラゲの海」展が催されるなんて素敵すぎます。だってクラゲなんて少し前までは世界中の嫌われモンだったんだから。
moon riders 岡田 徹』

『青春の悩みの深海、真っ只中にいた僕が、その想いの中、海中の全てを照らすサーチライトを求めて書いたサエキの詞の最高作です。 今でもくぐもるブルーの海をガラス細工のクラゲのように照らしてくれるのは、岡田徹さんとムーンライダーズでなくしては作れない、ドッシリと新しく可愛い曲とサウンドのおかげです。 ファジーで愛らしいクラゲこそ、悩ましい青春の真の姿と考えてます。 全ての若者に参加してほしい展覧会です! サエキけんぞう』

[ イベント ]
9月23日(月・祝)
◎トークショー:岡田徹&サエキけんぞう
◎ミニライブ(岡田徹/サエキけんぞう/CTO-LAB )
*詳細は後日発表!

[ 展示 ]
「9月の海はクラゲの海」をテーマにした
平面(イラスト、写真)、立体、テクスト、映像、音楽 作品の公募展示です。
☆公募作品の中から大賞を決定。審査委員は岡田徹さんとサエキけんぞうさん。
・各審査委員賞/展覧会特別グッズ贈呈
・大賞/展覧会特別グッズ贈呈 + 個展開催権
・受賞者は展覧会イベントにご招待

☆まずは、公募のためのエントリーを!

[ 公募内容と方法 ]
あなたの「9月の海はクラゲの海」を作品にしてください。
・作品形態は問いません。
平面(イラスト、写真)、立体、テクスト、映像、音楽、どの分野でも。
・大きさはA2サイズ(420×594×150)以内。※立体は事前にご相談下さい。
・作品は会期中に販売いたします。販売をご希望でない方はお知らせください。
・オリジナル作品に限ります。
・第三者の権利(著作権、肖像権など)を侵害する作品は応募できません。
・展示作品は販売いたします。販売を希望でない方はお知らせください。

1.エントリー(621日~720日まで)
エントリー(申込みは)はどなたでも参加できます。
お申し込み多数の場合は、各カテゴリに分けた中から、参加者を決めさせていただきます。
・氏名(作家名と本名)
ユニットで参加の場合は、代表者を決め、全員の名前をお書きください。
・郵便番号・住所
・電話
・メールアドレス
・サイト/ブログURL(ある方)
・自己アピールなど
・代表的な作品の画像、データの添付
以上の内容を
info@shell102.comまで送ってください。

2.エントリーメールから出展者を決定し、722日までにお知らせいたします。
参加される方は、参加費5000円(DM,展示諸経費)をご負担ください。
支払い方法は出展決定後にお知らせします。

3.搬入は912日、搬出は930 予定
作品についてのご質問や相談は、メールにてお問い合わせください。
info@shell102.com